2016年12月16日

日本盛プモアクリームでふっくらスチーム美肌に!日本酒酵母と乳酸菌が働きます

このブログに度々登場している日本盛のプモア化粧品。今回、日本盛株式会社のモニターに参加させていただいたので、クリームの使用感をお伝えしますね。
個人的には冬におすすめしたいクリームです。

IMG_20161211_175206.jpg

<過去記事はこちら>


プモア(pour moi)ってどんなコスメ?

プモアは日本酒メーカーの日本盛のエイジング世代向けの時短コスメです。
お手入れはミルキーローションとクリームの2つで完結します。私は2つとも使わせていただいたことがありますが、時短コスメにありがちな、物足りなさを感じないところが強く印象に残っています。

IMG_20161211_175206.jpg

日本酒酵母と乳酸菌で活力ある肌へ
日本酒酵母にはアミノ酸やビタミンが豊富で、イキイキとした肌に導いてくれます。さらに乳酸菌にも肌を整える働きがあるため、この2つを掛け合わせたプモア独自成分「W美活エキス」が肌に活力を与えてくれます。

IMG_20161211_175251.jpg

3つの「浸透型」保湿成分と植物性エキス配合でしっとりイキイキ肌に!
角質層の隅々まで潤いで満たすのは、浸透型のヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドです。さらに桜葉、柚子、ヨクイニン、トウキが肌に弾みを与えてくれます。
保湿と活性化が欠かせない40代の肌に、プモアの主成分はきっちり応えてくれそうです。

IMG_20161213_065658.jpg

水分と油分をたっぷり含んだ持続型のクリームでうるおい続く
ぷるんとしたジェルクリームみたいな手触りのプモアクリーム。その秘密は肌と同じ構造を持つ「うるおいセラミド」にありました。
角質層は水分層と油分層が何重にも折り重なっています。この状態だとバリア機能が働いて、肌内部の乾燥を防いだり、外部の紫外線や刺激から肌を守るといわれています。

肌本来のしっかりした構造が崩れてしまうと乾燥や敏感、肌トラブルへと繋がってしまいますが、うるおいセラミドは肌を補修するように素早くなじんで肌表面をうるおいで満たすため、長時間しっとり感が続きます。

IMG_20161213_065843.jpg

ぷるぷるした手触りのクリームは軽くてよくのびます。つけるとオイルを放出するという処方のためか、割と少量でも行き渡りますし、ベタベタしないのもいいですね。水分をよく含んだクリームという使用感です。
IMG_20161213_065719.jpg

ローズやラベンダー、グレープフルーツのエッセンシャルオイルのナチュラルな香りも心地よいです。
IMG_20161213_065738.jpg

仕上がりはもっちり吸い付く手触りです。水分と油分で満たされることで、肌のごわつきや硬さがほぐれて、スチームを浴びた後みたいな柔らかで湿度の高い状態が続きます。日中のエアコンによる乾燥にも強いですね。

個人的には、プモアは特に単品よりもミルキーローションとクリームのセット使いをすることで、それぞれの良さを生かしたスチーム美肌になれると感じています。
手持ちの美容液を重ねても、その質感は変わらない気がします。

今回も「プモアやっぱり良いわぁ」という感想がこぼれました。

















ブログで口コミプロモーションならレビューブログ







posted by ココアブラウン at 15:05| Comment(0) | 乳液・クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。