2016年12月08日

マシュファムディープモイストローションを使ってみました

マシュファムのディープモイストローションをモニターさせていただきました。肌の内側からしっかり潤うというローション。
じっくり1本使い切ってみたので、使用感をお伝えしたいと思います。

IMG_20161104_083208.jpg


マシュファム ディープモイストローションって?
キノコ発酵エキスが角質層の内側までしっかり浸透し、保湿力が持続する乾燥肌やインナードライ肌向けの化粧水です。

なかなか聞きなれない「キノコ発酵エキス」。ニオイとかしないの?化粧品にキノコってどうなの?と思いつつ、スッと浸透して肌の奥のうるおいが持続すると聞き、インナードライ傾向の私は使ってみたくなりました。

IMG_20161104_083231.jpg

キノコ発酵ってどんなものなの?
ディープモイストローションは研究過程の偶然から生まれた化粧水です。
ヨーグルトや味噌、チーズなど、酵母や乳酸菌などを使って発酵させる食品は数多くありますね。キノコにも発酵させる能力があることが分かり、アミノ酸や酵素、ミネラルなどの栄養素が増えることと、抗酸化力が加わるという特徴があるのだそうです。
その食品研究中に、たまたま半年も放置してしまったキノコ発酵の大豆が、とてもしっとりしていたことから保湿力が高いことが分かり、ディープモイストローションが生まれました。

IMG_20161104_083214.jpg

素早く浸透してずーっと潤います
お米をキノコで発酵させると、アミノ酸や糖類が作られます。これらが水と結合すると、蒸発しにくい性質に変化するため、長時間保湿されるのだそうです。
また、アミノ酸は肌にもともとあるNMF(天然保湿因子)と似ているため、肌になじみやすくハリ・ツヤを実感できるというのも年齢肌には嬉しい限りです。

ディープモイストローションは、まろやかな温泉水みたいなサラッとした手触りです。
気になる香りは、ほんの少しラベンダーの香りがする程度です。キノコっぽさや酸味を感じるような香りはまったくしませんでした!!
キノコ発酵エキスはもともと香りは強くないそうですが、さらに除菌脱臭ろ過をしているため、ニオイの心配は無用ですよ^^
よかった、1番安心できた部分です。
IMG_20161127_192601.jpg

肌にはすぐに浸透するのを感じられます。ぐんぐんと吸い込まれるように表面の水分が入っていきます。
やはり重ね付けすると良いですね!
私の場合ですが、最初の1週間くらいはちょっと物足りない気がして3回くらい重ね付けしましたが、だんだんと保湿が持続するのか、2回くらいで十分潤うように変化しましたよ。

高保湿化粧水に慣れていると、始めのうちは物足りなさを感じることがあるみたいですが、肌の表面はべたつかないのに、ちゃんと奥が潤うのを感じられます。
キノコ発酵エキスには、アミノ酸や糖類、ビタミン、ミネラル、酵素、有機酸、ペプチドなど、様々な美容成分が含まれているので、美容液のように潤うのですね。
IMG_20161127_192637.jpg
肌の奥が潤うと言っても、どんな感じなのかわかりにくいかもしれませんが、私が実感できたのは、肌の明るさとキメの細かさです。
肌に水分が行き渡ると、ふっくらと色白になったような透明感が出ますが、お風呂上がりのような明るさが感じられました。
そしてキメが整ってすっぴんでも綺麗に見えるというか、シミやクマなどのアラが目立たない。
IMG_20161127_192738.jpg
ディープモイストローションを使うと「あ、肌が綺麗」と思えました。
特に日中のメイクのノリと仕上がりが良く、パサつきや皮脂崩れしにくいです。

一応、これ1本でスキンケアが完了できるオールインワン化粧水だそうですが、私には物足りませんでしたね。
エイジングケア世代ならそれを期待するより、優秀な保湿化粧水としてスキンケアに取り入れる方が良いんじゃないかな、と思いますよ。しっかり潤った肌こそ美容液やクリームが力を発揮すると思うので。

肌表面しか潤っていないかも、と思うなら1度お試ししてみてはいかがでしょうか?










posted by ココアブラウン at 15:55| Comment(0) | 化粧水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。