2016年08月08日

プロ技に学ぶ!ラウディBB&CCクリームを手を汚さず崩れにくく塗る方法

夕方のくすみと乾燥に強いラウディBB&CCクリーム。
夏のメイク崩れを防ぐコツは、プロ技を取り入れることで簡単に出来ますのでご紹介しますね♪
しかも手が汚れないんですよ〜〜

IMG_20160626_101448.jpg

参考にさせていただいたのは、モデルさんや女優さんなどのヘアメイクを手掛け、雑誌や講演などで活躍されているヘアーメイクアップアーティスト長井かおりさんのブログ。
プロの技術を借りるだけで誰でも今日から綺麗度がアップしますよ^^

ベースは愛用中のラウディBB&CCクリーム
BBクリームのカバー力と、CCクリームのナチュラルな仕上がりを兼ね備えた今までにないファンデーションです。

冒頭で夕方のくすみに強いと書いたのは、皮脂や紫外線などで酸化しにくい成分配合だからです。
40代の夕方の疲れ顔は、自分でも直視出来ないものがありますが、ラウディのおかげで耐えられるくらいに維持出来ています。
夏で崩れやすいのが気になっていましたが、簡単に解決しましたよ♪

IMG_20160802_085152.jpg

用意するのはラウディBB&CCクリームとファンデーションをのばすスポンジだけです。

私は長らく三善のメイクスポンジを愛用しています。
大きくて使いやすいんです。
IMG_20160626_102738.jpg
BB&CCクリームをパール粒くらい指先に出します。
それを左右の手に分けます。
↓この量を左右の中指で半分こします。
IMG_20160731_090446.jpg
頬骨の高い位置にこのように塗ります。
IMG_20160731_090556.jpg
すると指先にはファンデーションが残りません。
中指しか使わなくて汚れが最小限♪
IMG_20160802_085137.jpg
メイクスポンジで塗った部分を叩き込むようになじませます。
このとき塗り広げないのがコツです。
シミが広がる場所をポンポンと押さえて馴染ませたら、スポンジに残るファンデーションだけで額や鼻、顎などの他の場所に軽くつけていけばおしまいです。
頑固な目の下のクマにはコンシーラーを足しています。

↓メイク後のスポンジはこんな状態です。スポンジの白い部分で鼻や額の余分なファンデーションを抑えれば、ティッシュオフしなくてもちょうど良い仕上がりになりますよ。
IMG_20160802_085200.jpg

この後ルースパウダーで仕上げていますが、まず厚塗りにならないんですよ!
本当に凄いです!目からウロコでしたもん。
最初に塗ったシミが気になる部分はけっこう厚塗りしてるはずなんですけどね。
カバー力はアップするし仕上がりはナチュラルだし、崩れにくい!
プロ技凄いです!!

ラウディBB&CCクリームは名前の通りBBクリームとCCクリームの良いとこ取りのファンデーションで、水分も油分も多めです。
だからカバー力がありつつも、しっとりみずみずしい着け心地で乾燥肌の味方です。
反面、皮脂や汗で崩れやすいのも事実。
けれどメイクのプロ技を取り入れるだけで劇的に長持ちするようになって、活躍度が増しました!
長井さんありがとうございます!

夕方のくすみ、乾燥肌、カバー力と透明感、時短メイクをしたいなら伸びが良いラウディBB&CCクリームはおすすめですよ♪
お値段が手頃なのも嬉しいです^^


長井かおりさんのブログはもっと分かりやすくて参考になります。
ご紹介の許可を頂きました。

メイク技が詰まった初の書籍も出版されて、瞬く間に重版になっているそうです。
文章多めで読みごたえがある内容だそうで、そちらも気になります。







posted by ココアブラウン at 18:06| Comment(0) | メイクコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。