2016年06月19日

【卵殻膜】国産野菜で腸内フローラを整える青汁をお試し

BLOOMBOX(ブルームボックス)5月分レビューです。
以前から気になっていた卵殻膜。
化粧品やサプリメントなど、外側からも内側からも肌や体に良いそうですよ。

IMG_20160605_104205.jpg

アルマード
卵殻膜 Bi-sai(美菜)

5袋入っていました。

卵殻膜って??
卵の殻についている薄い膜のことで、美容業界で注目されている成分です。
ゆで卵をむく時に取り除いてしまっている薄皮のことですね。


シミに働くシスチンが豊富
卵殻膜の成分は主にタンパク質で、中でもシスチンというアミノ酸がダントツで多く含まれています。
シスチンは体に入るとL-システインに変わり、シミなどに良いとされています。
L-システインと聞くとあれね!とシミ対策成分としてピンと来る方も多いのではないでしょうか。
シスチンは食事からは十分な量をとることが難しく、サプリメントなどで見かける成分ですね。


肌の弾力を保つベビーコラーゲンをサポート
肌の7割はT型コラーゲンとV型コラーゲンで出来ていて、肌の弾力にはV型コラーゲンが重要といわれています。
が、年齢とともに減少するというよくある話です。
別名ベビーコラーゲンといわれるのは、赤ちゃんの肌に多く存在するからです。

赤ちゃんてすごく守られていますね。
卵殻膜もひよこを守るために働くことが研究され、人の肌や健康にも役立つように商品化されました。
その1つがアルマードの美菜です。

アルマードは2007年から東京大学と共同研究を進めているそうです。

IMG_20160605_104210.jpg

美菜の特徴は3つ
11種類の国産野菜の栄養補給
卵殻膜でコラーゲンケア
腸内フローラを整える

IMG_20160605_104239.jpg


飲み方
1袋を100mlの水や牛乳に溶かして飲みます。

この手のもので「水か牛乳に」と書かれているなら、迷わず牛乳を選ぶ方が経験上は間違いないです。
冷たい牛乳と温かい牛乳で溶け具合や味の違いを比べてみました。

青汁らしい鮮やかな緑色のパウダーです。
大麦若葉ほうれん草ケール金時草スピルリナなどがこの緑色を作っていそうです。

IMG_20160612_090546.jpg

まずは冷たい牛乳へ。
産地が分かる国産野菜を11種類も使用しているのはいいですね。
例えばかぼちゃと人参は北海道産、キダチアロエは静岡県産、アヤムラサキは九州産など。

IMG_20160612_090613.jpg

多少溶けにくい気もしますが、コップの底に粉が残ることはなく、かき混ぜるだけで混ざりました。。
緑色の野菜の粉が完全には溶けませんが、粉末タイプの日本茶みたいに、きっとそういうものなのでしょう。

味は、りんごの風味を感じる、甘みのある青汁です。
青汁らしい葉っぱの苦さはほとんど感じなくて、飲みやすいです。

IMG_20160612_090648.jpg

続いて温かい牛乳。
色的には抹茶ミルクを想像しますが、お味は・・

IMG_20160612_090717.jpg

味は、抹茶ミルクではありませんでした。
アイスのほうがりんごの風味を感じやすかったです。
溶けやすさはアイスでもホットでもそんなに変わりませんでした。

ホットだとちょっとカフェ気分でほっこりしますよ。

IMG_20160612_090755.jpg

アルマードの美菜は水溶性と不溶性という働きが違う4種類の食物繊維を含んでいて、乳酸菌のサポートをします。
その乳酸菌は、有胞子乳酸菌といって、熱や酸に負けずに生きたまま腸に届きます。

IMG_20160605_104247-cad9b.jpg


5日間連続で飲んだところ、お通じが快適でしたよ。
私の場合はお腹がゆるくなることもなく、自然な感じが良かったです。

要らないものを出して、栄養を吸収して、コラーゲンサポートができる、そんな美容と健康を総合的にサポートしてくれるのがアルマードの卵殻膜 美菜の魅力かなと感じました。

アルマードの公式サイトでは10包のお試しサイズが半額以下の980円で購入できますよ。
卵殻膜に興味がある方はお試ししてみてはいかがでしょうか?


















posted by ココアブラウン at 10:03| Comment(0) | BLOOMBOX使用感レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。