2016年02月28日

メルヴィータアルガンオイルで「オイル美容」をお試し

雑誌についていたサンプルを使ってみたのでレビューします。

メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル
サンプル2回分

メルヴィータはフランス生まれのオーガニック認証ブランドで、エコサートを取得しています。
大人気商品がこちらのビオオイル アルガンオイルです。

アルガンオイルとは?
植物にとって過酷な環境の砂漠に生息するアルガンの木からとれるオイルで、オレイン酸リノール酸ステロールなどの美容成分が豊富に含まれています。
肌の脂質と成分が似ているのでとってもなじみやすく、角質層までスムーズに浸透するという特徴があります。

メルヴィータのアルガンオイルは「オイル美容」の先がけともいわれています。


IMG_20160222_200238.jpg

今回はブースターオイルとして使ってみました。
手に出すと少し黄色いオイルで、オリーブオイルのような重ためなテクスチャーです。
香りはわずかにしますが例えがむずかしくて。。
木の実のような木の幹のような大地を思わせる、オイルそのものの香りですね。


IMG_20160222_200627.jpg

ブースターオイルとして手のひらでよーくなじませてから顔全体につけました。
たっぷりと伸ばすより押し込むようにハンドプレスしてなじませました。

その後に化粧水をパッティング。
オイルとよくなじむように何回もハンドプレスをしていると、もっちりしっとりした手触りに!
このままお手入れを終りにしても良いかな?と思いましたが、クリームを少量のばしてからお手入れ終了にしました。

IMG_20160224_201807.jpg

翌朝までもっちり感が続きましたよ。

IMG_20160224_201842.jpg



失敗点
最初に使った日は多くつけすぎてしまい、お手入れ直後は良かったのですが、数時間たつとべとつきを感じました。
私の肌質は水分不足で皮脂は少し出やすいタイプの乾燥肌なので、時間とともに自分の皮脂が出てきたからべとついたのかもしれません。
アルガンオイルの量を調節したら、べとつくことなく柔らかな肌が続きました。
乾燥肌の人は多め、混合肌の人は少なめに使ってみると良さそうです。

アルガンオイルを使ったオイル美容
・ブースターオイルとして
・ヘアオイルとして
・ボディオイルとして
・バスオイルとして
・シャンプー前の頭皮クレンジングとして


我が家では最近子どもが乾燥で背中がかゆいというので、お風呂上がりに背中に塗りました。
普段使っているクリームではこの時期特に保湿力が持続しなくて悩みでしたが、メルヴィータのアルガンオイルを塗ったらかゆがりませんでした。
オーガニックオイルで余計なものが入っていないので、小さなお子さんがいる人も安心して使ってあげられるのでおススメです。
メルヴィータ公式サイトはこちら




ローズタッチオイルのレビューはこちら(新ブログにリンクします)












posted by ココアブラウン at 21:54| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。